読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感情六号線

楽しいまま死んじゃおう。

10 Days of GLORY -10 counts for Destruction- count 4

感想文

LUNA SEAヴィジュアル系に目覚めて、いまlynch.を追っかけてるわたしにとって事件のようなツーマン。

f:id:Alansmithee:20161020230719j:plain

2016.10.08

J 10 Days of GLORY -10 counts of Destruction- count 4

lynch./J

TSUTAYA O-EAST

 

あんたの夢叶えたろかスペシャル第二弾(第一弾はsadsとのツーマン)。

 

lynch.

 

sadsのときはlynch.の主催だったけど、今回はJの兄貴の主催ですからね。

 

ADORE

THE FATAL HOUR HAS COME

GREED

MIRRORS

ALL THIS I'LL GIVE YOU

GHOST

INVINCIBLE

VANISH

GALLOWS

TONIGHT/LUNA SEA

LIGHTNING

 

フロア全体に充満するおめでとうの雰囲気。

 

 

いつだってlynch.が憧れの人と同じ舞台に立つときは必ず「ADORE」を演る。

そして、そこで起こっている紛れもない事実を叩きつける。

 

だって、ずっとINORANのターンがこの日はずっと悠介のターンだったんですよ...。

葉月がSLAVEなのはもちろん、悠介もわりとガチガチなSLAVEだし、そのふたりにしっかり見せ場がある選曲が最高だと思いませんか。

 

葉月は感極まりすぎて「LIGHTNING」の歌詞は間違えるし飛ばすし、でも本当に嬉しそうっだし、幸せそうだった。

 

J

 

 

Feel Your Blaze

Verity

PYROMANIA

my answer

I know

Immortal galaxy

Resist Bullet

RECKLESS

addiction

Evoke the world

 

(ENCORE)

NOWHERE

I Feel Alright/The Stooges

 

いつ見てもJさんはロック小僧で、フロアも爽やかでカラッとしていてかっこいい。

 

 

Jさんはいつも太陽みたいで、自分自身を燃やしてみんなを照らしてくれてて、lynch.はそれに照らされてる側だったけど、いまその絶対的な存在である太陽の光に向かっていってるようなバンドだと思った。

 

Jさんがいつだって「全部焼き尽くせ。火をつけろ。」って言っていて、それに憧れて火がついた少年たちがlynch.で、彼らは太陽を目指してどこまでも真っ直ぐに進んで行ってるんですよ。

 

いまや中堅と呼ばれる位置になったlynch.だけど、Jさんを前にするとただのキッズになっていて、それがなんかとてもよかった。

 

 

こういうところです。