読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感情六号線

楽しいまま死んじゃおう。

DARK DARKER DARKNESS #2 -My name is evil-

感想文

lynch.にとってコーストはもう大舞台ではないなと思ったツアーファイナルだった。

f:id:Alansmithee:20160514223202j:plain

2016.05.08

TOUR'16 「DARK DARKER DARKNESS」#2 -My name is evil-

lynch.

新木場STUDIO COAST

 

前回のコースト(10周年ライヴ)のときはコーストでけぇな!!って思ったんです。

でももう今回は感じなくて、むしろコーストのステージってこんな小さかったっけ?みたいに感じた。

 

メンバーも肩に力が入っていなくて、語弊があるけどいつものlynch.のライヴをしていたように思う。

ただ、それがコーストであるということが凄いんですよ。

 

すでにあのキャパシティを自分たちのモノにしているということが。 

 

MOON

ANTARES

GREED

INVINCIBLE

MIRRORS

THE FATAL HOUR HAS COME

GHOST

ILLUMINATI

melt

ENVY

MELANCHOLIC

D.A.R.K

GALLOWS

BEAST

INVADER

COSMOS

59.

I BELIEVE IN ME

ALL THIS I'LL GIVE YOU

pulse_

EVOKE

(ENCORE)

JUDGEMENT

EVILLY

DAZZLE

LIGHTNING

 

(ENCORE 2)

TIAMAT

 

1年ちょっとでバンドってこんな大きくなるんですね。

 

#1のツアーのファイナルのTDCホールが個人的に去年下半期でも有数の素晴らしいライヴで。

その良いっていうのが、めちゃくちゃ気合いの入ったライヴで、特攻も照明も演出もなにもかもに拘ったライヴで、でもセトリは地方と同じセトリで特別豪華にするわけでもなくリリースツアーのファイナルとしてツアーを完遂させたところにlynch.の地力と底力を感じたんです。

 

そのときの感動とは真逆の感動を覚えた。

 

この日は、極力シンプルに、メンバーが作り出す空気とフロアの熱であそこまで持って行けることに感動した。 

 

そういう意味でいつものlynch.の空気感でコーストがあそこまでなったというのは地力と底力がさらに上がったということだと思うんですよ。

 

もう何回もコーストでライヴをやってるような貫禄があった。

しかもまださらなる伸びしろを感じさせて。

 

葉月めっちゃいいこと言ってる...

言ってない!!!取り消し!!!!

 

最近はいいこと風なことを言ってからセックスに持ち込むのがマイブームなの??

 

めちゃくちゃ笑った。

けど、葉月に素直にここまで言われるとあんまりLSV興味なかったけど力貸したろ!ってなってしまった。

ちょろい。

 

求められてる対バンではないけど、この先武道館でやるためにlynch.をあまり知らない人たちの前に出ていく意味でのLSV。

もしかしたら、このLSVは武道館でやるためにもっと自分たちの世界を外へ広げたいという志を持っている3バンドなのかなと思った。

SuGはこの前武道館宣言してたし。

 

最高か???

けしからない。

 

ギターを労う悠介とてもいい。

 

この一言めっちゃグッときたし、これを悠介が言うからより意味があると思う。

 

たくさん喋ったし、あのブチ切れたような暴れっぷりとか、捌け際の一言とか、終演後にダブルピースしてたり、悠介ご機嫌でした。

 

そういえば、序盤で葉月が「コースト埋まってるじゃねぇか!でも、ここで終わるつもりもないし、おじいちゃんになって昔はすごかっただなんて言いたくもない!だから、一緒にもっと高いところまで行こう!!」的なことを言っていたのがとてもよかった。

 

これを聞いて、lynch.とその影であり、表裏一体の我々は共犯者だなと思った。

 

主従関係より共犯関係のがしっくりくる。

 

同じ方向を見据えて、手をとって、どこまでも黒く塗り潰してしまえばいい。