読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感情六号線

楽しいまま死んじゃおう。

VANADIS

ここからがこのバンドの勝負どころだよ。

f:id:Alansmithee:20160526215907j:plain

2016.05.22

東名阪ONEMAN TOUR “VANADIS”

NOCTURNAL BLOODLUST

EX THEATER ROPPONGI

 

高い天井には似つかわしくない凶暴な音が広がっていくのがとても気持ちよかった。

 

Malice against

Punch me if you can

Obligation

NG+

EXCEED

T.Y.R.A.N.T

銃創

DEAD END

FATE

Ⅰ-Ⅴ-Ⅲ

GENESIS

Ignis Heart

PROVIDENCE

Empty glass

UNBREAKABLE

VENOM

 

(ENCORE)

DESPERATE

Strike in fact

the strength I need

Deep Inside

V.I.P

 

(ENCORE 2)

A Day to Re:member

A Bullet of Skyline

 

なんとステージ後方にスクリーンがあるVJ仕様。

 

改めて「ZeTeS」を聴くと、高い天井に音が広がるのが似合う曲が多いな、と思った。

名阪では披露されず、今回初披露だった「Deep Inside」と「the strength I need」なんかがまさにそう。

この日までとっておいたのはその為かと思いたくなるほどだった。

 

シンガロングがあったり、泣きのギターがあったり。

 

全体的に包まれるような感覚がある。

 

彼らが最高傑作という意味がわかった。

メタルとかラウドとかヴィジュアル系とか歌モノとか激しいとかじゃない、もっと大きいもの。

全てを焼き尽くして無に還るみたいな感じといえばいいのかな。

 

だからここからが勝負だと思っていて。

それは次のツアーのファイナルがコーストだからとかではなくて。

 

ヴィジュアル系の中でも極めて凶暴な音楽性のNOCTURNAL BLOODLUST。

彼らがバンドの規模を大きくしていく術として、すべてを呑み込むことを選んだから。

 

きっとこれこそが、去年わたしがこのバンドの手中に落ちたライヴで彼らに対して抱いた「ライヴが楽しい!」以外の感情を動かせるようになるかどうかにこのバンドの未来がかかっているんじゃないかというところに繋がってくるんだと勝手に思ってる。

 

焼き尽くした野原をどうするかはすべて彼らにかかっているということです。

 

 ここまでがノクブラの話。

 

ここからがDaichiさんの話。

 

雄々しいDaichiさん最高。

 

実はメンバーと仲良しなDaichiさん最高。

 

かわいいDaichiさん最高!!!!

 

f:id:Alansmithee:20160526215918j:plain

f:id:Alansmithee:20160526215938j:plain

 

はい、最幸。