読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感情六号線

楽しいまま死んじゃおう。

前衛懐古主義 東京編

懐かしの曲オンパレード。

f:id:Alansmithee:20161020231442j:plain

2016.10.17

前衛懐古主義 東京編

cinema staff

LIQUIDROOM ebisu

 

セットリストが初期四作品「document」「symmetronica」「Blue, under the imagination」「水平線は夜動く」の曲のみ。

垂涎ものの一夜です。

 

AMK HOLLIC

チェンジアップ

想像力

ローリング

シンメトリズム

Boys will be scrap

第12感

バイタルサイン

Truth under the imagination

サイクル

部室にて

妄想回路

制裁は僕に下る

水平線は夜動く

daaybreak syndrome

君になりたい

ニトロ

Poltergeist

優しくしないで

KARAKURI in the skywalkers

GATE

 

(ENCORE)

返して(新曲)

 

まずはセットリスト見て下さいよ...。

これでテンションぶち上がらないわけなかろうよ...。

 

わたしがcinema staffを知ったのは大学2年生のときで、無駄に音楽オタクが多いサークルだったので、当時残響に入ったばかりのド新人のcinema staffをコピーしてた先輩がいて、それで「AMK HOLLIC」を聴いたのが初めてだったんですね。

 

なのでちょうどこのセトリはわたしがcinema staffを知って、フェス以外でお化粧をしないバンドのライヴに初めて行った時期の曲たちなんですよ。思い入れ強め。

 

開演前のわたし

やりましたね。

 

ただ、今まで見たどの「妄想回路」よりも軽やかだった。

そもそも始まり方が軽快なジャムりから始まって、まさかこの流れから「妄想回路」始まると思わなかったし、照明も明るめで、それこそなんかもう過去のことを笑って話すようなそんな感じだった。

 

その「妄想回路」のアウトロので楽器を掻き鳴らして、どんどんクレッシェンドしていって、それに合わせて照明の輝度も目が眩むくらいの逆光になっていって、次の瞬間にピタッと音がゼロになってそのまま「制裁は僕に下る」始まったの鳥肌たった。

 

そしてなにより本編ラストの「GATE」が凄まじかった。

 

板の上にもあの凄さは伝わっていたのね。

 

 

なんだか今のcinema staffが肯定された気がしてとてもうれしかった。

 

 

まさかヴィジュアル系しか知らない大学生の時に衝撃を受けたお化粧してないバンドをずっと見続けるとは当時思いもしなかったですよ...。当時はこんなこと考えもしなかったけど、わたしは別にヴィジュアル系が好きなわけじゃなくて、人生や生き様を歌うバンドが好きなんだね。

 

「今回が前衛懐古主義パート1ということは...?!」と含みを持たせていたのでぜひパート2で「cinema staff」と「SALVAGE YOU」という一番しんどかったところをいまのcinema staffで見たいのでパート2に期待。

 

ところでアンコでやる曲がもうないのでと新曲の「返して」をやったんです。


cinema staff「返して」MV

 

名曲だと思います。