読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感情六号線

楽しいまま死んじゃおう。

ばーばばばぁつあー 3 ~下か上か下上か~

個人的見解として音で会話してるような印象を持つ2バンドのツーマン。

f:id:Alansmithee:20160420022416j:plain

2016.03.01

2016年対バンTOUR 「ばーばばばぁつあー 3 ~下か上か下上か~」

Nothing's Carved In Stone/アルカラ

TSUTAYA O-EAST

 

 お化粧しないバンドの対バンイベントに足を運ぶのは半年ぶりのようです。

 

Nothhing's Carved In Stone

 

ナッシングス見るのは実に5年ぶりらしいのだけど、相変わらずめっちゃ恰好いい。

 

Milestone

Spirit Inspiration

Cold Reason

YOUTH CITY

Brotherhood

In Future(新曲)

Midnight Train

PUPA

Idols

きらめきの花

Out of Control

Perfect Sound

 

一曲目の「Milestone」のイントロのウブさんのギターがすでに反則で鼻血でそうになりましたよ。なにあの変態アルペジオ

 しかもギターソロでめちゃくちゃエモくなったのに急激にあのアルペジオに戻る瞬間めっちゃ恰好いい。

 

わたし、ナッシングスのライヴの、あの音で会話してる感じがすごく好き。

この日でいうと「Cold Reason」のアウトロでメンバーがドラム台の前に集まってキメ合わせるところとかモロにそれで。

 

その「Cold Reason」のギターソロで前に出てきてグレッチ弾き倒して、フロアにひと吠えするウブさんのかっこよさ。

基本的にグレッチはギタボの人が持つのが似合うと思っているんだけど、ウブさんのグレッチは例外です。

 

噛み合った複数の歯車は、ひとつ回るともうひとつが回って、それが周るともうひとつが回るじゃないですか。

同じ要領でそれぞれの楽器がそれぞれを活かしている感じがするんですよ。それぞれを活かして、自分も活きるみたいな。

 

これも全員が全員バカテクだから出来ることですね。

 

ちょっと拓ちゃんなに言ってるの。

 

アルカラ

 

稲村さんがなかなかナッシングスの正式名称を言えない件について。

 

交差点

消えたピエロと涙

チクショー

アブノーマルが足りない

やるかやるかやるかだ

いびつな愛

迷宮レストラン

キャッチーを科学する

トロピカルおばあちゃん

愚痴ばかりのローレロレロ

オーケストラは眠る

夢見る少女でいたい

サイケデリンジャー2

デカダントタウン

ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト

 

(ENCORE)

ボーイスカウト8つの掟

しっちゃかめっちゃかだ

 

泥臭く体ごとぶつかっていくイメージ。

 

稲村さんのこの積極的に乗っかっていく姿勢。

 

稲村さんのMC力の高さ。

 

とかふざけながら何気なく「ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト」が始まったのだけど。

 

この「ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト」にはこれまでの10年分の想いが詰まっていて、さらにはこれからの未来への想いも詰まっていて、とても素敵だった。

 

惜しい。

めちゃめちゃ中に入って行きよる。

 

 もはや覚える気がないな?????

 

やばいです。

 

ただ、アルカラのアンコールはとことんふざける姿勢ほんと好き。

 

ライヴとは直接関係ないのだけど、ライヴ中にふとステージから目を離して掲げた手を見つめいてることが多々あることに気が付いて。

なんか照明(強い光)に肌が透けているのを見るのが好きみたい。

 

お化粧してるバンドのライヴだと純粋に広げた掌を掲げることが少なくて気づかなかったけど、ちょっと自分を知れた気がした日でした。